仕事の内容とは?

,

システムエンジニアはクライアントの要望に対して基本設計や詳細設計を行い、プログラムを作成します。
営業の様に相手とのコミュニケーションを図ったり、専門的な知識を使って複雑なシステムを作成するのが主な仕事です。
手順としてはシステムを作って何を実行するのか打ち合わせをし、システムの全体図が分かる基本設計や詳細設計を行います。

まず始めに行うのが顧客に要望を聞き出すヒアリングです。
クライアントによってはシステムに関する知識がほとんど無く、具体的な要求が出てこない場合もあるのです。
顧客が言っている事を理解し、システムエンジニアが使う専門用語を分かりやすく説明します。
知識が少ないクライアントはシステムのイメージが曖昧なので、作業を進めていくうちに変更が出て来る事も覚悟しておきましょう。

次に行うのは、クライアントから集めた情報から何が必要なのか考える基本設計と詳細設計です。
システムエンジニアはシステムの中にどの様な機能や性能が必要なのか決定します。
それと同時にスケジュールを調整したり、掛かる費用の計算もします。
さらに機能や性能に合わせてハードウェアの設計やソフトウェアの設計、モジュールの分割をします。
テストやリリースまで担当し、途中で問題が発生したら修正を行うのも仕事です。

システムエンジニアは日々進化するITの勉強を怠らず、クライアントとのコミュニケーションを大切にして要望を聞き出す努力も大切です。